40センチスリム水槽立ち上げ(68日目)

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

キッチンのカウンターに、エビ様用の水槽を立ち上げることにしました!

カウンターの奥行きが足りないので、スリム水槽。

エビ水槽

我が家の水槽。

レッドチェリーシュリンプ、ミナミヌマエビ、ヤマトヌマエビとエビがどんどん増えています。

ミナミとレッチェリは混ざる、と聞きました。

そうなると隔離するしか手はありません。

ということで、エビ水槽立ち上げスタート!

買い物

  • 水槽 コトブキ LEGLASS(400×160×220)
  • フィルター コトブキプロフィットフィルター
  • ソイル ADAアマゾニア
  • 水草 ショートヘアーグラス

今回は濁る、と定評のある、ADAアマゾニアソイルを使った立ち上げです!

細心の注意を払いながらの作業。

ヒヤヒヤしながらチャレンジしてみました。

この水槽は、水草がメインではありません。

あくまでエビストック水槽。

上手くいけば繁殖なんかも。

だから水草にはこだわりませんでした。

ただ、殺風景なのも如何なものか。

そういう思惑から、ショートヘアーグラスオンリーで高原をイメージした水景が作れれば、と考えています。

あくまでイメージなので、問題が起きたら臨機応変に対応していきます笑

立ち上げ

まずはソイルを敷き、三角定規で傾斜をつけていきます。

こんな感じでいいかな?

フィルターが思ったより大きい大誤算

続きまして、霧吹きでソイル表面を湿らします。

チネチネしたショートヘアーグラスをピンセットで植えていきます。

まるで田植えだなこれは。

ここからがとても慎重な作業になりました。

茶色く濁るアマゾニアソイル。ラップで表面を覆い、ゆっくりと水を注いでいきます。

あれ?あまり濁ってないようにみえますが。

作業合間に暇だったので、余らせたヘアーグラスをジャムの空き瓶に植えてみました。

元気に育ってくれるだろうか。

完成

そんなことをしているうちに、水が溜まりました。

正直なところ、拍子抜けでございます。

もっと濁るものかと思っておりました。

本日の作業はここまで。

また経過報告します!

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

趣味のアクアリウムの育成記録です。 「これからアクアリウムを始めたい!」って方の参考になればと思って運営しています。