オトシンにほうれん草(37日目)

スポンサードサーチ

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

オトシンクルスは茶ゴケしか食べない。

残された道は人工餌の餌付けに成功させるor餓死しかない。

ネットを巡回してるとこんなことを書かれていました。

嫁に伝えると餓死はさせたくない、と何を食べるのか聞かれて調べると、茹でたほうれん草を食べるとか。

オトシンのために料理をする(嫁が)

魚のために野菜を茹でるとは思っても見ませんでした。

といっても調理したのは嫁。

早速スーパーへ行き、ほうれん草を買って来てもらいましたよ。

5分ほど茹でたらオッケーらしい。

食べるかな?

昨日はカケラを入れて見たのですが、朝起きたらもうない。

エビが食べたのか、オトシンが食べたのかわかりませんでしたので、今日はたくさんあげて観察して見た。

直後、興味を示さない。

30分後。

モッフモフ食ってる笑笑

3匹がこぞって食べております。

こいつら今まで何食べてたんだろう。

葉についたコケを食べてたのはみたけど、こんなに勢いよく食べるのを見るのは初めてかも笑

ということで、オトシンクルスはほうれん草を食べるようです。

うちのオトシンは餓死回避しました。

ペンギンテトラは混泳に向かない

さて、我が家のパイロットフィッシュ、ペンギンテトラのご紹介。

彼は今、ストック水槽に監禁中。

大きくなったらナワバリ意識が強くなるらしく、最近もっぱらハナビを追いかけ回していました。

致し方なくこちらに引っ越してもらいました。

フィルターもエアレも入れてるので、水質に問題はありませんが殺風景ですな。

後ろ姿に哀愁が漂います。

サイズが大きいからか、逃げ回るスピードが凄すぎて捕まえるのに数時間かかりました。

iPhone7の復元中で時間はあったので、熱帯魚の雑誌を読みながら長期戦をかましてやりました。

これからどうしようか、考え中です。

本日の水景

スクリーンがぺろーんといっちゃいました。

スポンサードリンク

初心者アクアリスト45センチ水槽の世界
マサオカアクア

愛媛県出身。1989年8月16日生。A型。 不動産会社勤務のWebマネージャー。 二人の子持ちの27歳。 新しい趣味はアクアリウム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アクアリウムはブログジャンルが違いすぎたので分離してサイト立ち上げました。 いつまで続くかわからないしね…