結局電磁弁つけました(42日目)

スポンサードサーチ

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

タイマーの到着を待たずして電磁弁の導入。

CO2添加の弁を電磁弁にしました。

スイッチのオンオフで二酸化炭素の添加が可能に!

旧ロゴADAの電磁弁(中古)

ADAの電磁弁

突発的にやったのでビフォー撮ってませんぜ。

ミュージックグラスとカウンター

水槽の裏側にある穴に本体を入れました。

下から見たらこんな感じで、レギュレータから出たところに電磁弁を装着します。

絞りは開放したまま、電磁弁に通電させたら弁が開く仕組み。

左から三番目のスイッチに、LEDライトと電磁弁をタコ足配線しました。

このスイッチをオンにすることで照明+CO2が一緒に始まります。

後はタイマーを待つばかり。

前回記事に書いた、ニッソープログラムタイマーNT301の前の型番NT300を中古で落札しました。

プログラムタイマーNT-301が欲しい(40日目)

2016.09.25

というか、301を落札したのですが。

落札後、出品者の方から連絡が来ました。

どうやら間違えて旧型番を出品していたとのこと。

写真に映ってた型番は301だったんだけどね。

ということで、少し値引きしてもらって購入しました。

新旧で何が違うのかわからないけど、まぁいいでしょう。

届いたらレビューします。

今日の水景

にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村

スポンサードリンク

初心者アクアリスト45センチ水槽の世界
マサオカアクア

愛媛県出身。1989年8月16日生。A型。 不動産会社勤務のWebマネージャー。 二人の子持ちの27歳。 新しい趣味はアクアリウム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アクアリウムはブログジャンルが違いすぎたので分離してサイト立ち上げました。 いつまで続くかわからないしね…